〖短歌〗 ・・・(2017年) 9月の会

2ヶ月ぶりの短歌UPであります。
(8月は短歌の会もお休みですからね。^^;)

毎年、「猛暑」という言葉を当たり前のように聞く様になりました。
その中で、今年は天候が本当に極端過ぎて、
地方によっては暑過ぎたり、逆に冷え込む所もあったり、
蒸し暑かったり、梅雨があけるのが8月になったり、雨が多かったり。

気のせいか?
野菜、花等の咲いたり実をつけるタイミングなど
例年通りではなかったような・・・
(実は、私は栽培等あまり詳しくないので、
自然の流れで育てられるものだけ少し植えてますが…)



さて、そんな日々の中での、ほんの一コマという感じの歌を一首。



遅がけに鳴きおさめるか蝉の声 ツクツクボウシ ツクツクボウシ



初めはこの様に発表しました。↓
遅がけに鳴きおさめるか蝉の声 つくづく惜しいと うらめしそうに

夏の始めに鳴く蝉(私の地元ではアブラゼミが多い)
それに対して夏の終わりに鳴き始めるのがツクツクボウシです。
※ツクツクボウシ=法師蝉という事もあります。

いつもは「あぁ、鳴き始めたなぁ」と思う頃は8月下旬。
毎日何処ともなく、アブラゼミも鳴いてる中、合わせて鳴き始めます。
これを聞く様になると地元の子供達の夏休みも終わるねと思うんですよ。

でも、今年は…「あれ?鳴いたっけ??」

思えば…アブラゼミが鳴き始める時期も少々遅かった。(数日感覚)
毎年、立秋の頃から「カネタタキ」の鳴き声も聴くのですが
今年はお盆が来てからでした。
そう思うと、全体に1週間くらい遅れてる?かな?

普段は自分自身の時の流れの感覚を「あっという間」と言ってしまうのに
自然界のことは、何だか「おや?」と思える瞬間があって不思議です。。

ずっと蒸し暑かったからでしょうかね。。
猛暑と聞けばカンカン照りとイメージしますが、
今年の暑さは変な暑さでした。。

羽化…いろいろ調べたら適度の湿度は必要らしいです。
ただ、羽化中はとっても必死で…デリケートな時の様。。
何らかの影響があったのかしら…ね~。

今年はツクツクボウシを聴いてない…おかしいなぁ~
と思いつつ9月を迎え…
そしてこの間の大きな強い台風のあと、秋らしい気温になって。
その日の昼間、気温が少し上がった頃に・・・
「ツクツクボウシ~ ツクツクボウシ~」
何だか、今の内に!という感じで鳴いてました。(1日だけだった様な)

そういう感覚が私の中にあったので「つくづく惜しい」と言ってる様に受け止めてしまったという訳です。(^^;

しかし!
先に言いました様に、ツクツクボウシそのものが夏の終わり頃の蝉
遅がけに鳴きおさめ、と言ってしまえば「あ~、その蝉か」と判る。
…と同時に、短歌では心象を取り入れるのは勿論いいのですが、
まぁ、さり気なく…というか。。
そして、蝉といえば、やっと土の中から出て最後の成虫の時、
一生懸命鳴き続ける…というものですから、
「つくづく惜しい」という人間の感情は
あまりにも「自分」を蝉に重ね過ぎていることにも。

情景をそのまま詠っても勿論いいのですが、
時には何らか関わってみるのも工夫次第でOKで。。
その微妙なさじ加減が解ればいいんですがね~(^^;

只、しかし!
上の句(五七五の部分)はもうしっかり出来ている
俳句にもなっている…そうで、お褒めを頂きました!

だからこそですね~、
下の句は音を感じる様な、遊び感覚も有りの、
「ツクツクボウシ ツクツクボウシ」と繰り返す形で。


三十一文字の歌を・・・
詠う(作者)側がというより、受け止め側が
いろんな想像、それぞれの思いに自由に繋げて行けるのが
いいんですよねぇ。





続きはこちらへ・・・
[PR]

# by sino-kotoha | 2017-09-25 23:50 | 短歌 | Comments(2)

Move On

朝日が街路を白く照らす
手をかざし見上げれば青空
いつも通り その角を曲がると
枝の先 小鳥のさえずり

木陰の気持ちいい風が髪ゆらす
またひとつ季節は巡ってく

桜咲く下(モト)で 決めた想いは
今も胸の奥の Shining star

踏み出そう 向かい風を受けて
無数の道が広がろうとも
悩みも迷いも受け止めて
私の軌跡となるから

青空 どこまでも高く
小鳥のさえずり響く
眩しい朝日を背に受けて
まっすぐに歩みを進める

時の列車に 静かに揺れながら
窓の向こう 流れる景色

過去と未来を 見つめたままでも
止まっちゃいない、変えてゆける

歩み出そう 向かい風を受けて
胸の奥の 輝石 Shining star
踏み出そう 陽の光 背に受けて
まっすぐに 遥か前を目指して

舞い上がれ 心の翼ひろげ
風に乗り どこまでも
7色に輝く光の道は
私の 軌跡となるから 




 


今回、此方にカテゴリ「詩」として挙げてみました。
文章のみで読んでみると、どう伝わるでしょうか~。^^


実は、これは「歌詞」です♪


此方のHN=詩埜…と同じ呼び方(しの)…「sino」
Twitterでの私のネームです。

この名前で作詞として参加させて頂きました。

そして、その歌を…楽曲を紹介したく思います♪


此方にも載せておきますね~。

どうぞ~ お聴きなってみてくださいな~♪ (^O^)/




 


[PR]

# by sino-kotoha | 2017-08-08 00:34 | | Comments(2)

〖短歌〗 ・・・(2017年) 7月の会

↑ タイトルの表示の仕方を変えてゆきたい・・・・

と、先月言っておきながら~(^^;
今月も取り敢えずのこのままの表示となりました。^^;
(まぁ、ぼちぼちと・・・w)


いつもゆっくり構え過ぎて、日が迫って焦る事も多々ありの状態ですが
先月の短歌の会の帰り道に自転車漕ぎながら~
「ちょっとした案♪」という感じで浮かんで来ました。

しかし、それを使いたいという言葉は見つかったものの・・・
自分の中では上手くまとまらず・・・
一応、季節問わずの内容なので(笑)暫く保留です。^^;


実は「今日の一首」は、別の偶然の出来事がきっかけで
そこから何とな~く歌として浮かびそうになり、
一応言葉を書き出して、組み換えたりして作った歌です。


ちょっと今迄とは種類が違います
歌の流れも 何となく謎っぽい?
…というか、詠んでみてどの様に受け止められるかな~と
敢えて!この形で書いてみた、というものでした。
(短歌では本当は具体的に名詞、固有名詞を使うものですが…)

あまりにも謎??解らな過ぎて~~(^^;
推敲で具体名を一つ付けて直したのですが・・・

今日のブログでは、敢えて推敲前の発表時の歌を
いつもの様に大文字で表記してみますね~(笑)

そして・・・
「何の事かな?」と見えたもの感じたもの…想像してみて頂けたらと思います。^^

(答え合わせみたいな?とw 推敲後の一首も、後で載せますけどねw)



では、推敲前の一首。 (^m^;



 
ぽつぽつり 滴(シズク)を数えて天仰ぎ 小舟は揺れる 命綱の先


まぁ、ヒントと言うほどでもないですがw
「しずく」と普段使う時は、「雫」の文字を使ったりしてました。
雨、気象、水・・・の時に使ったり。。
今回は「滴」です。

いつも、各々の歌を詠んでもらい歌評を頂くという形で。。

「う~ん、難しい~」が多かったです。^^;
先ず歌としては全然出来ているものではないし(汗;
ただ、いつもの様に「足りない」や「盛過ぎ」という感覚じゃなく
これは「何かあるのかな…」くらいには思って頂けたら、
(私の中で)これはこれで良かったな~なんてね。^m^;


ブログに寄られた方はどう思われたでしょうか・・・

短歌の会では・・・
“上は何となく軽く言ってるのに、最後に「命綱」が重い言葉”
その辺りが引っ掛かる所だったようです。。

風景として…海女の様子とも取られました。
詠み手がそれを見てる…かな?と
または、蜘蛛と糸・・・その様子と自分の心情?…、
これは身近な?どなたか災害に遭われた事を?…とか。。

「なるほど~!なるほど~!」と、
もう~いろんな答えが楽しみになってww
今迄の様に直ぐにネタバラシしないでいたいと思っちゃいました^^;
だけど、時間が終わりに近づいてますからね。
内訳を伝えることになりました。^^

内容を伝えた時、「この言葉は使いましょうよ」という名詞を使って
57577の最後の7文字で何か無いか…思案してる内に時間切れ。

最初の「ぽつぽつり」は、
「私」ならではの表現だと思う、いいよ~
と褒めて頂きました~~ (*´▽`*)

あと、内容を聞いて・・・
作者の一番言いたい所=「小舟は揺れる」も使いましょう!と(^^)
命綱もほしいのかな~?」とか・・・

それである程度まで出来上がってたのですが・・・
この言葉はまた別の時に…と「命綱」は一旦外してみたのです。

昨日からずっと推敲してて・・・
つい先程、何とか此処に辿り着いた、、
私なりの・・・推敲後の一首です。



ぽつぽつり ぼんやり眺める点滴に命つながれ小舟は揺れる



「この言葉は使いましょう」の言葉は⇒「点滴」です


因みに、時間切れ前は・・・

ぽつぽつり 点滴ひたすら眺めつつ 小舟は揺れる「○○(7字)○◯」
 

 
※病気に関するワードは極力避けたかった為、
なぞなぞ?みたいな歌になってしまった訳でした。^^;






因みに・・・
[PR]

# by sino-kotoha | 2017-07-25 23:53 | 短歌 | Comments(2)

〖短歌〗 ・・・(2017年) 6月の会

6月もそろそろ終わる頃になりましたが…
例年より、やや?早めに梅雨入りした筈ですが、
今年はあまり雨も降らず。。
ニュースではダムの貯水量の少ない様子を映しておりましたね。
雨の日も少なく、どちらかと言うと少々冷えも感じる(所によれば霜も降りたとか?)
そんな今年の6月でしたが、気温が上がると急に暑すぎて、
身体も参ってしまいそう~。

そんな状況を元に…今回の一首です。



気がつけば窓の外は雨、子守唄 聴きつつねむる風待月を

※「外」は「と」と読みます。


  
「梅雨時」「6月」と言えば、蒸し暑いものであります。
(流石に今年は初めの方ではそれほどでもなかったですが…)
梅雨前線が当地に掛かっている状態だと、まさにそれですね。

夜になっても、気温が下がらない…どころか寧ろ上がったのか?と
そう思うほどの大変蒸し暑い夜のこと。
氷水を飲んでも涼めた様子もなく、
今夜は熱帯夜になるかな?困ったな~…と思ってましたら
スーッと急に涼しさを感じたのです。
それから間もなく…「ポツ…ポツ…パサ…パサリ…サワサワ…」
家の直ぐ側に樹々もありますし…
柔らかい、ゆっくりな優しい雨音が聴こえてきました。

日中の雨は(しかも出掛ける時は)少々困りものですが(^^;
でも私は雨の降るのも悪くないと思う事が多いです。^^
今日は家でゆっくり過ごそう~とか、
雨の音の変化を楽しんでみたりとか。

夜、「熱帯夜かも(><;)」と思ってて・・・
雨が降り始めて、少し涼しさを得て・・・
眠れなかった筈が、この音で自然と眠りにつく(だろうな~w)

という状態を想像して、とにかく思い付いた言葉をメモして。

それから本当に眠りにつきました!ww
だって・・・
本当に寝てしまった後だと、そこまで想いが出せたかどうか?w


この歌は推敲して頂いたものです。^^;
初めは「気がつけば窓の外は雨しずく 風待月の夜に聴きねむる」
でした。

雨音で検索したら、割と激しいか多めの雨の音を指すようで。
しとしと…という感覚で探してる内、「あましずく」という言葉を知りました。
漢字で書くと「雨雫」です。

それと、梅雨時の様子…時期は6月…と思って、
「六月の異名」で探してみたら、気持ちにピッタリの言葉が!
(「水無月」は一般では知られてますが、他にも沢山有るのです)

『風待月』(カゼマチヅキ)・・・6月の異名の一つです。^^

「子守唄」は最初迷っていましたが、取り除いてみたら・・・
これに使ってみた方がいいという事で
「、」も付けて上の歌になったのです。


 


続きはこちらへ・・・
[PR]

# by sino-kotoha | 2017-06-26 23:28 | 短歌 | Comments(3)

〖短歌〗 ・・・(2017年) 5月の会

5月=五月・皐月(サツキ)
=初夏の日差しも眩しいけどまだ梅雨の前、爽やかな季節・・・・・

と言いたいところですが、一気に暑くなりましたね(><;)
「真夏日」を記録した所もあるようで。。

真夏に限らず、もう今から「体調にはしっかりと気をつけて」ゆきたいものです。

ほんとに・・・季節の感覚がズレて来ている・詠うにもピンと来ない・・・
と思いそうですが、気を取り直し(^^;)空を見れば、
何となく五月らしい空の色~

この様な日常の中でも一つ一つ見て行きたいものですね。




さて、今日の一首。。

 


続きはこちらへ・・・
[PR]

# by sino-kotoha | 2017-05-22 23:30 | 短歌 | Comments(0)