〖短歌〗 ・・・(2016年) 10月の会

9月は、雨の日が多く・・・というよりも
所によれば「晴れた日が殆どなかった」と言う程、
まるで梅雨時の様な日々でした。

しかも、何となく蒸し暑く・・・。
「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉は、はて?昔の事?って思えるほどで。
(今年はお彼岸の時も此方では雨だったりしましたよ~)

だけど流石に10月!
朝晩は冷え込むようになり、その分昼間も「秋らしく」なって、
やっと『秋』を楽しめるようになってきましたね~。^^


さて、今日の一首です。

   ↓




 
 





























 
  
「秋渇き」(アキガワキ)
一言でいえば、「食欲の秋」の意味で使われる言葉です。
夏の暑い内は食欲も減りがちですが、
秋になりだいぶ涼しくなれば体調も良い状態に。
体調が良くなれば、食欲も通常に戻り。。
また、秋は「実り」の時期でもあり、美味しいもの沢山!

「渇き」のこの文字は、欲・欲するという意味に繋がるそうです。

 
実は、この言葉は数日前に天気予報の中で言ってました。^^
最近は気象現象・状況や季節の言葉を
予報の後に紹介されるようになりましたね。
時にはクイズにして。。

この時も、「秋がわき」と平仮名で問われてました。
「乾き?」と思う人もいるでしょう。
(その方の意味もあるかもしれないですが)
「渇き」の文字で、「食欲の秋」の事だと言ってたのを
メモしたわけです。(^^)

※なかなか直ぐにはネットで探し出せなかったですが、
俳句や川柳で詠まれてる方もいらっしゃた様です。



買い物に行って、美味しい果物を前にして
「買おうかな、どうしようかな」

買ってきたものの、
「今日食べちゃおうかな」
「もうちょっと食べたいな」
など、「食欲」出やすいものです。(^^;

食べ過ぎちゃうと・・・馬肥ゆる・・・じゃありませんがw
どうするの。。。って、秋に自分まで実ってしまいそう~w

まあ、そんな気持ちを素直に詠んで見たというわけです。^m^


因みに、「ためらう」は「躊躇う」という漢字。
(音読みで「チュウ・チョ」と言う)

歌の中で全体を眺めて・・・
例えば固有名詞なら漢字も必要な時もありますが、
文章の中であまり漢字が並ぶよりもすんなりと読める方がいいものです。
言葉の流れも感じられますし、詠みやすくも。^^

それで、平仮名を選んだのです。

作文や小説、手紙などは、漢字で書くのでしょうけどね~。^^;




 

[PR]

by sino-kotoha | 2016-10-24 23:54 | 短歌 | Comments(0)