〖短歌〗 ・・・(2017年) 4月の会

前回も少し書き添えたように、
仕事やプライベート等で忙しい時期を過ごしている内に・・・
あっという間に1ヶ月経ってしまいました。(^^;

日記という程でなくても「何か」を書き残した方がいいだろうと思いつつ…
最近は「何か思いついた時」に限って、書ける状態でない事が多く。^^;
自転車に乗ってる途中とか・・・
草取りしてる時とか・・・

ほんとに惜しい気持ち~~。

そういう時はどうするか?というと、
もう~自分の心にしっかり印象つけて&何かに関連付けて(忘れない為に)
後で向かおうとするのですが・・・
思いついた瞬間は「この歌、いいかも!」であってもその通りには出て来ません。
「こんな世界観~?」という様な、脳裏に映像として残して置いた方が
向かいやすいですね~。^^;


さて、では今日の一首を書きましょう。
  ↓






競い咲く レンゲにタンポポ春の花 傍にのら猫 あくびをひとつ



最初は二句目は「ぬくもり求めて」と書いてましたが、
「これは猫のことですか?」と・・・
競うように咲き出した春の花…の所に添えてるので春の気候かなと、
何とか思えもするけど、やはり「ぬくもり」という言葉の印象で「猫」と繋がりやすく
それで、この部分を推敲して頂き、具体的な花の名前を使いました。

春の花、その代表と言えば「桜」が多いかと思います。
少し早めの春なら「梅」もあるかな。
あと、「桃」などもね。

だけど春の花は沢山あります。(当たり前ですがw)
「自分が詠いたいと思う花」を使うのが一番ベストでしょう。

そして今回、「春の花」は総称のような捉え方のつもりで。。
あと、今年はギリギリまで寒かった。
その所為か桜の開花も少々遅れましたね。
その様な気候の影響なのか、例年通りの咲き方ではなく、
まさに、いろんな花たちが「一斉に!」って
順番よりも「咲きたいの!」って、そんな感じにも見えてたんですよ~。


「のら猫」と「猫」と何方の単語にしようか少し迷いましたが、
自分の庭先・自分の飼ってる…というイメージじゃない方がいいかなと。
・・・猫も飼ってないですし。^^;
実際、のら猫の気ままな姿はよく見かけますしw

そこで、「のら猫」も活かせることで⇒「レンゲにタンポポ」と。



散歩先の…野良猫がいる公園には、今はタンポポが一面に咲いてます。






[PR]

by sino-kotoha | 2017-04-24 23:32 | 短歌 | Comments(0)