〖短歌〗 ・・・(2017年) 6月の会

6月もそろそろ終わる頃になりましたが…
例年より、やや?早めに梅雨入りした筈ですが、
今年はあまり雨も降らず。。
ニュースではダムの貯水量の少ない様子を映しておりましたね。
雨の日も少なく、どちらかと言うと少々冷えも感じる(所によれば霜も降りたとか?)
そんな今年の6月でしたが、気温が上がると急に暑すぎて、
身体も参ってしまいそう~。

そんな状況を元に…今回の一首です。



気がつけば窓の外は雨、子守唄 聴きつつねむる風待月を

※「外」は「と」と読みます。


  
「梅雨時」「6月」と言えば、蒸し暑いものであります。
(流石に今年は初めの方ではそれほどでもなかったですが…)
梅雨前線が当地に掛かっている状態だと、まさにそれですね。

夜になっても、気温が下がらない…どころか寧ろ上がったのか?と
そう思うほどの大変蒸し暑い夜のこと。
氷水を飲んでも涼めた様子もなく、
今夜は熱帯夜になるかな?困ったな~…と思ってましたら
スーッと急に涼しさを感じたのです。
それから間もなく…「ポツ…ポツ…パサ…パサリ…サワサワ…」
家の直ぐ側に樹々もありますし…
柔らかい、ゆっくりな優しい雨音が聴こえてきました。

日中の雨は(しかも出掛ける時は)少々困りものですが(^^;
でも私は雨の降るのも悪くないと思う事が多いです。^^
今日は家でゆっくり過ごそう~とか、
雨の音の変化を楽しんでみたりとか。

夜、「熱帯夜かも(><;)」と思ってて・・・
雨が降り始めて、少し涼しさを得て・・・
眠れなかった筈が、この音で自然と眠りにつく(だろうな~w)

という状態を想像して、とにかく思い付いた言葉をメモして。

それから本当に眠りにつきました!ww
だって・・・
本当に寝てしまった後だと、そこまで想いが出せたかどうか?w


この歌は推敲して頂いたものです。^^;
初めは「気がつけば窓の外は雨しずく 風待月の夜に聴きねむる」
でした。

雨音で検索したら、割と激しいか多めの雨の音を指すようで。
しとしと…という感覚で探してる内、「あましずく」という言葉を知りました。
漢字で書くと「雨雫」です。

それと、梅雨時の様子…時期は6月…と思って、
「六月の異名」で探してみたら、気持ちにピッタリの言葉が!
(「水無月」は一般では知られてますが、他にも沢山有るのです)

『風待月』(カゼマチヅキ)・・・6月の異名の一つです。^^

「子守唄」は最初迷っていましたが、取り除いてみたら・・・
これに使ってみた方がいいという事で
「、」も付けて上の歌になったのです。


 




最近の短歌は…庭の植物などを詠うことが多い様な気がして
なるべく他のテーマで作ろう…と思うものの、
いつもの如く「作ろう!作らなきゃ!」だと全然浮かんで来ません。

丁度、家庭菜園に向かい始めてる頃だし、
植物相手なら歌いたいものは目の前にあるけれど……
勿論、それで提出も良いんですが、
私自身「ここは!」と課題みたいな気持ちでね。。

蒸し暑い~!鬱陶しい~! …の感情にかえって出会えて良かったw





 
~追記~

*ブログ記事についてチョット書き残し~


「短歌」のカテゴリの中の記事、文章などを
もう少し何とか書き直していきたいなぁ~~と思い始めました。

と言っても、時間の関係上、とてもゆっくり…何処直した?と言うくらいになりそうですがw

短歌の作品をやはり縦書き表示にしておこうかな~とか。。
フォント?というのかな?「縦書きの設定」というのではなく、面倒ですが一文字ずつ改行して見た目が縦書き風で行こうかと・・・

一首独立の形の歌ですのでそれも可能なんですけど(^^;
何首か並べるとなると、これはまた別問題ですね。^^;

ブログの為の設定?から勉強…となると、本当に時間がなくなるのでその方法は辞めて、縦書きで何首か・・・または「詩」の場合も縦書きするとなると、全く他の方法を探すことになると思います。

まだハッキリ分からないけど、投稿先へ出して此処とリンクで繋ぐとか。。

まぁw 縦書きについてはまた追々と。。

あと、その時によってブログの2頁目(続き欄)に送ってることがあり、
正面から作品が見える時と見えない時とあるので、
これは徐々にですが表に挙げていこうと思います。
(実はいつも迷いながら挙げてたりしてたのですw)

あと・・・UP時のタイトルを・・・
何月の会ではなくて、自分なりのその時のテーマをサブタイトルにして
表示し直していきたいな、とも思ってます。
幾つかに増えてきて・・・自分でも後で探し易くしておきたいためですw


・・・と、一気に書いてしまいましたがww
殆ど個々のブログには訪問の方がそう多くある訳でもないんですがw
時期見計らいながら~「自分の為にも」修正しておこうとw
思った次第でありました~。(^m^;



 

[PR]

by sino-kotoha | 2017-06-26 23:28 | 短歌 | Comments(3)

Commented at 2017-06-27 13:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 吉春@ニコット at 2017-10-01 01:11 x
お邪魔します、よし猫です
この記事のお題は「雨音ぽつり」でしょうか?
シンプルに

梅雨寒し 雨音ぽつり ぽつりかな 夜半にこもり 歌にもきこゆ  

>最近の短歌は…庭の植物などを詠うことが多い様な気がして
>なるべく他のテーマで作ろう…と思うものの、
>いつもの如く「作ろう!作らなきゃ!」だと全然浮かんで来ません。

まったく同じ悩みを抱えていました。
もうお気づきのことと思いますが、こうやって色々な所へお邪魔させて頂いております。
そこに記されている、小話や詩文・呟き・日記などを拝見します。
そして、その夢の世界に入り込み、見たままを歌に詠みます。
私はこの夢の、感じたままを写し取った(つもり)歌を「夢の欠片」と呼び、集めています。
どうです?妙案だと思いませんか?よかったらご一緒しませんか、なんちゃって (^^
少しづつ夢の世界を、覗きにまいります。それでは
Commented by 詩埜 at 2017-10-03 09:53 x
*吉春さん

取り敢えず、毎月(夏と冬に一回ずつお休みはありますが)の短歌の会の記録としてこ此方に残してましたので、「年月日」で表示も数が増えると分かりづらくなってきました(^^;
随分経ってから…振り返って自分の歌を探す時のためにも小さなタイトルとして必要ですよねぇ~。

私自身、子供の頃・学生の頃は「作文・感想文・日記」が苦手でした。
今思うと…それらは学校の宿題・課題としての存在でしたし^^;
「やらなきゃならない」という時は必ず心が動いていると限らない、
寧ろ、心を動かせないで…構えてばかりで…。
あと、褒められたことがない(と自分で思い込んでる^^;)
それは自信も持てませんからね。。

現在になって「宿題・課題」という状態から離れて、
自由になって…自由過ぎて「何しよう?」と多少戸惑いもありますがw
その戸惑いも楽しむ内の一つとして♪

だから、この様に続けていけるのかも知れませんね~(^O^)/