カテゴリ:短歌( 42 )

〖短歌〗 ・・・(2017年) 6月の会

6月もそろそろ終わる頃になりましたが…
例年より、やや?早めに梅雨入りした筈ですが、
今年はあまり雨も降らず。。
ニュースではダムの貯水量の少ない様子を映しておりましたね。
雨の日も少なく、どちらかと言うと少々冷えも感じる(所によれば霜も降りたとか?)
そんな今年の6月でしたが、気温が上がると急に暑すぎて、
身体も参ってしまいそう~。

そんな状況を元に…今回の一首です。



気がつけば窓の外は雨、子守唄 聴きつつねむる風待月を

※「外」は「と」と読みます。


  
「梅雨時」「6月」と言えば、蒸し暑いものであります。
(流石に今年は初めの方ではそれほどでもなかったですが…)
梅雨前線が当地に掛かっている状態だと、まさにそれですね。

夜になっても、気温が下がらない…どころか寧ろ上がったのか?と
そう思うほどの大変蒸し暑い夜のこと。
氷水を飲んでも涼めた様子もなく、
今夜は熱帯夜になるかな?困ったな~…と思ってましたら
スーッと急に涼しさを感じたのです。
それから間もなく…「ポツ…ポツ…パサ…パサリ…サワサワ…」
家の直ぐ側に樹々もありますし…
柔らかい、ゆっくりな優しい雨音が聴こえてきました。

日中の雨は(しかも出掛ける時は)少々困りものですが(^^;
でも私は雨の降るのも悪くないと思う事が多いです。^^
今日は家でゆっくり過ごそう~とか、
雨の音の変化を楽しんでみたりとか。

夜、「熱帯夜かも(><;)」と思ってて・・・
雨が降り始めて、少し涼しさを得て・・・
眠れなかった筈が、この音で自然と眠りにつく(だろうな~w)

という状態を想像して、とにかく思い付いた言葉をメモして。

それから本当に眠りにつきました!ww
だって・・・
本当に寝てしまった後だと、そこまで想いが出せたかどうか?w


この歌は推敲して頂いたものです。^^;
初めは「気がつけば窓の外は雨しずく 風待月の夜に聴きねむる」
でした。

雨音で検索したら、割と激しいか多めの雨の音を指すようで。
しとしと…という感覚で探してる内、「あましずく」という言葉を知りました。
漢字で書くと「雨雫」です。

それと、梅雨時の様子…時期は6月…と思って、
「六月の異名」で探してみたら、気持ちにピッタリの言葉が!
(「水無月」は一般では知られてますが、他にも沢山有るのです)

『風待月』(カゼマチヅキ)・・・6月の異名の一つです。^^

「子守唄」は最初迷っていましたが、取り除いてみたら・・・
これに使ってみた方がいいという事で
「、」も付けて上の歌になったのです。


 


続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2017-06-26 23:28 | 短歌 | Comments(1)

〖短歌〗 ・・・(2017年) 5月の会

5月=五月・皐月(サツキ)
=初夏の日差しも眩しいけどまだ梅雨の前、爽やかな季節・・・・・

と言いたいところですが、一気に暑くなりましたね(><;)
「真夏日」を記録した所もあるようで。。

真夏に限らず、もう今から「体調にはしっかりと気をつけて」ゆきたいものです。

ほんとに・・・季節の感覚がズレて来ている・詠うにもピンと来ない・・・
と思いそうですが、気を取り直し(^^;)空を見れば、
何となく五月らしい空の色~

この様な日常の中でも一つ一つ見て行きたいものですね。




さて、今日の一首。。

 


続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2017-05-22 23:30 | 短歌 | Comments(0)

〖短歌〗 ・・・(2017年) 4月の会

前回も少し書き添えたように、
仕事やプライベート等で忙しい時期を過ごしている内に・・・
あっという間に1ヶ月経ってしまいました。(^^;

日記という程でなくても「何か」を書き残した方がいいだろうと思いつつ…
最近は「何か思いついた時」に限って、書ける状態でない事が多く。^^;
自転車に乗ってる途中とか・・・
草取りしてる時とか・・・

ほんとに惜しい気持ち~~。

そういう時はどうするか?というと、
もう~自分の心にしっかり印象つけて&何かに関連付けて(忘れない為に)
後で向かおうとするのですが・・・
思いついた瞬間は「この歌、いいかも!」であってもその通りには出て来ません。
「こんな世界観~?」という様な、脳裏に映像として残して置いた方が
向かいやすいですね~。^^;


さて、では今日の一首を書きましょう。
  ↓




続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2017-04-24 23:32 | 短歌 | Comments(0)

〖短歌〗 ・・・(2017年) 3月の会

久しぶりのブログ更新です。
・・・というか、今年初めての更新ですね。(^^;

短歌の会も、実は今年初の参加でありました。
(1月は私事で急用で休み、2月はいつもの休会)

思えば、時間はたっぷりあった筈・・・ですが、
いろいろと他の用事などで忙しく、あっという間に時が過ぎ。。
今回はなかなか浮かんで来なくて苦労しました~。(^^;


とにかく今日の一首を書いてみましょう~。


  ↓


続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2017-03-27 23:30 | 短歌 | Comments(0)

〖短歌〗 ・・・(2016年) 12月の会

今年最後の短歌の会へ行ってきました。
年の瀬も迫って・・・予定より1週間早いのですよ~(^^;

では、今日の一首。。


  ↓


続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2016-12-19 23:07 | 短歌 | Comments(0)

〖短歌〗 ・・・(2016年) 11月の会

11月になり、一気に冷え込んで・・・
関東から北で大雪のところもあったようですね。
(11月に降るのは54年ぶりと言ってました)

私の地元では、紅葉の様子は今年は少々鮮やかさがないのも、
ギリギリまで暖かい(暑いくらい)の日もあった所為かもしれません。
だけどやっぱり、赤や黄色と色付き始めました~。



では今日の一首。

 
 
  ↓



続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2016-11-28 23:10 | 短歌 | Comments(0)

〖短歌〗 ・・・(2016年) 10月の会

9月は、雨の日が多く・・・というよりも
所によれば「晴れた日が殆どなかった」と言う程、
まるで梅雨時の様な日々でした。

しかも、何となく蒸し暑く・・・。
「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉は、はて?昔の事?って思えるほどで。
(今年はお彼岸の時も此方では雨だったりしましたよ~)

だけど流石に10月!
朝晩は冷え込むようになり、その分昼間も「秋らしく」なって、
やっと『秋』を楽しめるようになってきましたね~。^^


さて、今日の一首です。

   ↓


続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2016-10-24 23:54 | 短歌 | Comments(0)

〖短歌〗 ・・・(2016年) 9月の会

先月(8月)は歌会がお休みでしたので久し振りの参加&更新です。

ところで、
「もう ひと月分の更新は? 7月分はどうした?」
となりますね。^^;

訳あって、更新が止まってしまいましたので、
本日は、7月の会と9月の会の二首を此方にUPしておきます。


先ずは、時期的なものもありますので本日の短歌から・・・。
※数字が入りますので、横書きで表しておきます。


  ↓


続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2016-09-26 23:11 | 短歌 | Comments(0)

〖短歌〗 ・・・(2016年) 6月の会

久し振りのブログ更新です。
そして、タイトル見て「1つ抜けてるかな?」と思われるかも知れませんが、
短歌会も2ヶ月ぶりに参加しました。^^;
(先月は、私事で欠席でしたので・・・)



では、今日の一首。

・・・と、その前に、
今日は一度「縦書き」に短歌を詠む様な雰囲気で書いてみます。

(クリックしてお読み下さいませ)
  ↓ 


続きはこちらへ・・
[PR]

by sino-kotoha | 2016-06-27 23:47 | 短歌 | Comments(0)

〖短歌〗 ・・・(2016年) 4月の会

今年は桜の開花も少し早めで、、
満開の頃に雨天と重なったりで、散るのも早かったような~。^^;

天候のせいもあるのかしら?
例年は順々に咲いてたと思われる花たちが、
何だか一斉に咲き始めてきた・・・そんな気がします。^^;



さて、今日の一首。。

 

花好きの母に贈った桜うつぎ 七十七歳 うす紫を



「桜うづき」は桜と名前に付いてますが、桜の仲間ではありません。
「空木(ウツギ)」の仲間の一つで、アジサイ科。 落葉低木。
桜に似た様な花を「桜」の季節の頃に咲かせるようです。

※「七十七歳」・・・「喜寿」(本来は数え年でお祝い)
「古希(七十歳)」と「喜寿」は 紫系のものを贈る。

 
 
 


続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2016-04-25 22:52 | 短歌 | Comments(2)