「紅葉」

日本各地で「紅葉」の便りを聞く時期になりました。
北の地方や山間部では、もう早めに紅葉の季節を迎えてましたね。

現在は街の中の公園や神社などでも葉が色づき始めて、
秋の深まりを感じています(^^)

連休もありますし・・・少し足を伸ばし郊外などへ
「紅葉狩り」へ出掛けられる方もいらっしゃるでしょうね。^^


さて・・今日は、その「紅葉」という読み方・呼び方から思うことあって
覚え書きを残しておきます。^^


文字変換の時、「mo mi zi」と打つと「紅葉」「椛」が出て来ます。
また、「ko u yo u」と打てば「紅葉」と。

つまり、「紅葉」と書いて「もみじ」「こうよう」と読むという訳です。^^

「なぜ?他の木の葉っぱも紅葉(こうよう)するのにモミジだけなの?」
子供の頃にこの漢字を知ってから、何となく不思議で・・・
しかしw そのままで来てしまいましたw

「カエルの手の様な カエデの葉っぱ」という意識もあって・・・
「葉が緑色の時は カエデ?」とか思ったりw(誰からか聞いた気もする^^;)

毎年、葉が色づきますので、それを目にする度に
「モミジだ~」と言ったり・聞いたりしますのでね、
自分の中に定着していったのでしょう。。


日常的な言葉・・・ そのまま過ぎてしまう所が・・・

「文字変換」というきっかけで、「紅葉」の意味等を知り、
小さな感動を覚えました。(^◇^)




「紅葉」 「椛」 「楓」 ・・・いろいろあれど、
それに対する意味・謂れ等を 今から挙げていきます。



「紅葉」と漢字で書いて、「コウヨウ」と「モミジ」と読みますが、同じ漢字でも意味は違う。

「コウヨウ」=秋に木々(落葉樹)が冬に備えて落葉する前に赤や黄色に葉の色を変える事。
        「黄葉(こうよう)」とも言う。

「モミジ」=多くの「紅葉(こうよう)」の中で、ひときわ紅くなった葉、楓の仲間などの総称。




植物分類上では、「カエデ」と「モミジ」は分類しない。
植物学的には、どちらも「カエデ」と呼び、「カエデ科カエデ属」である。
(モミジの科や属はない)



つまり、「モミジ」という植物名はなく、総称として呼ばれる。
(木々によって「○○モミジ」と呼ばれてるのはあるかも知れません)
楓(カエデ)が紅葉して「モミジ」と呼ばれる。

「椛」(木+花) 「栬」(木+色) ・・・どちらも「モミジ」で変換されます。
少し調べて見ると・・・日本で作られた漢字=国字だそうです。
意味は〝葉が花の様に色づく様子〟




「紅葉」をモミジと読むのも、語源から解ります。


『語源』

カエデ=蛙の手の様な形から・・・と言われてる

モミジ=「揉んで染め出す紅色」が語源。 
      動詞=もみづ
     「もみずる」「紅葉(もみ)ずる」から名詞化して「もみじ」となった。





意味を知れば次に紅葉を見た時、感慨深くもあるでしょうか~^^



そうそう、紅葉の景色など見ることを「紅葉狩り」と言いますね。

これも、子供の頃「紅葉狩り」に連れてってもらった時、
少し不思議な感覚でいました。

「○○狩り」と付く名前と言えば
「ぶどう狩り」「リンゴ狩り」・・・他・果物を採って食べたりして楽しむもの。

「モミジも食べるのか?」と、出掛ける前に思ったりしましたw
行った先で「もみじの天ぷら」という看板を見掛けた記憶。。
当時、食べていませんがw 「食べるんだ・・・」と勝手に納得w

だけど、「もみじの天ぷら」というものもあるにはあるのですが、
「紅葉狩り」は、他の果物のそれとは違う意味でありますw


※「狩り」=「探しとらえる」ことなので、獣だけとは限らない。草木も含む。
※「刈り」=(草木・髪など)「切り取る」こと。(稲刈りは切り取って収穫)




「紅葉狩り」
いろいろ諸説あるようですが・・・
平安時代の頃から使われている言葉だそうです。
この「狩り」、獣などの狩りという意味だけでなく、
古くは「狩り」の意味そのものが「探し求めてとらえる・愛でる・眺める」

今では聞きませんが、春の桜の頃に「桜狩り」とも言われてたそうです。
勿論! 桜の花や枝を折ったりしてはいけません~!(紅葉もねw)

「探し求めてとらえる・愛でる・眺める」ですから~w
「あ!見つけた!見たかった!綺麗だな~」なのです^^


あと、「紅葉狩り」という言葉の方が残ったわけは・・・
(これも諸説あるでしょうが)
「紅葉伝説」の話も関係してるのでは、と思われます。

能や歌舞伎で「紅葉狩」というものがある様です。

※詳しくは「紅葉伝説」「紅葉狩」などで検索すると出てきます

続きはこちらへ・・・
[PR]

# by sino-kotoha | 2014-11-19 11:55 | 覚え書き | Comments(2)

紫苑

紫苑・・・秋の風にゆられながら
     今、君は何を考えてるのか
     今、君は誰を想っているのか


   夕闇  宵闇  空の色

   めいいっぱい
      背伸びして
   じっと見上げて
      見つめ続け・・・

   君の花色は
      君の心なんだね。




            (1994(H6)年 10月)






(紫苑の花の事について、少し添えておきました)
    ↓
 

続きはこちらへ・・・
[PR]

# by sino-kotoha | 2014-11-07 14:54 | | Comments(2)

〖短歌〗 ・・・(2014年) 10月の会

久し振りの短歌の集いに行ってきました。

(8~9月はお休みでしたのでね^^;)



では、今日の一首。




驚きの「テレビ電話」は過去の事 今指先で世界と繋がる



今此処で、〝ネットを通じて〟読んで頂く方々には、
「はは~ん。 それだね、そうだよね~。」と直ぐ気づくでしょうね。

逆に、「テレビ電話?」・・・って思う人も中に入るのかな?w

このwordで検索するといろいろ出てきますが、
大阪万博(1970年)の時の事も思い出される方も居るかもしれませんね。
私の場合・・まだ子供の頃で、しかも大変な人出でその展示は見ていなくw
寧ろ、私の記憶にあるのは、子供の頃に見た「科学館でのテレビ電話」です。


5文字だの7文字だの・・・そして31文字にまとめないといけないし・・・
どんな言葉があるんだろう?って指折り数えて・・・今回も迷ったりしました。^^;

だけど、やっぱり「テレビ電話」という言葉だけは使いたくてね~。



Skype(スカイプ)とか LINE、その他いろいろある様ですが、
ネットを通じて短文のメールメッセージやチャットだけでなく、
通話、しかも画像も送りながら・・・
国内だけじゃなく国外までも、
またユーザー同士、本来知らなかった人とでも、
とても簡単に繋がる現在。


ネットに関わってない人でも、いろんな所からの情報で把握も出来る世の中ですから、
敢えて、〝現代の使われてるものの名称〟などは書かずにおきました。
文字数の制限も有りますし~~w



実験的に、驚きながらも面白がって遊びながら妹相手に少し話した「テレビ電話」。
その距離は、数メートル離れてるだけww

その「思い出」を詠もうとしたよりも・・・
現代の様子を見ていて思ったからこそ、その記憶を書こうとした訳です。



私の場合は、スマホ等まだ持ってないのですが、
ネットに関わってるという事では「指先で何かを発信」・・・同じですからね~






簡単に、当たり前に・・・便利な世の中になりました。


便利な分、気をつけなければならない点も、増えたのですがね。。





   

[PR]

# by sino-kotoha | 2014-10-27 23:46 | 短歌 | Comments(0)

またまた* coffee break * ヽ(^-^*)

ちょっと、ここらで・・・ * coffee break * ~□7ヽ(^-^*)   063.gif


ずっとずっと以前の詩をアップし続けて来ましたが、
ここらで一段落します。^^

ノートなどに残してあったものは、先ずこれくらいかなぁ。

また折を見て、数年前のものも出してゆく予定ですが、
それらはネットの中で残した言葉が殆どです。

文章を改めて打ち込むのでなく、
それならコピペだから簡単に持って来やすい・・・というだけでなく、

〝どんな気持ちの中〟
〝どの様な言葉に触れた瞬間〟
〝自分としてどう伝えようとしているか〟


この部分で、以前のモノとは かなりの変化を感じています。
以前のもの=たった一人で 偶々ノートに残したもの・・・ですからね^^



今は10月半ば。
また下旬には、久し振りに短歌の集いもありますから、
少しそちらの方に向かいたくもあり・・・
暫く一休みです。w

ではまた~ (^o^)丿




 
[PR]

# by sino-kotoha | 2014-10-12 12:12 | * coffee break * | Comments(0)

宇宙からの詩(ウタ)

今日の詩は、過去の〝その日〟の為に、と書いたものです。
ニュース等から何か感じ、思い立って・・・
「書いた」というより、そのまま打ち込みネットに発信した、というものです。

よって、詩の内容が現在ではピンと来ないものもあるかと思います。。
(1作品毎にUP時&簡単な説明を添えておきます)




      ・・・・・☆  ・・・・・☆  ・・・・・☆  




☆・・・紙ひこうき >>>



☆ ・・・・・高度400kmの彼方,こちら国際宇宙ステーション.
      只今から,地球に待つ君へ------




==宇宙からの手紙==


あれは何?

流れ星?


瞳には映らぬとも

こちらに やってくる予感を探す



7cmの・・・

翼ひろげても 5cmの


[ 紙ひこうき ]


マッハ7の・・・・・

音速7倍の・・・・・

秒速1.2kmの・・・・・


一瞬のスピードに乗せ




宇宙(みらい)の彼方から


地球(ちじょう)の私の許へ


手紙(メッセージ)を待つ




大気圏 突入した

その「手紙」は


なんども  なんども  なんども  なんども


地球を廻りながら

気流に乗りながら?

届け先を探しながら?



・・・ようやく 私の真上にやって来た・・・


わたしのてがみ!  ぼくのひこうき!

みなが とびあがって つかもうとする



今!今ここで 跳び上がれば

手が届くところにあるはず


だけど


だけど その手を一瞬 躊躇った


思いっきり つかんだら

その手紙を 手にするだろう


  ・・・「クシャリ」と 音をたてて 握りつぶす・・・


できない!

それは できない!



右手を 思いっきり 天にのばし

すこぅし 人差し指を 上げながら


ここへ辿り着くのを 待っていよう



そう・・・ トンボが・・・

トンボが 指先に止まる時のように

静かに待っていれば

必ず止まる トンボのように・・・



宇宙(みらい)から 地球(いま)へ

長い旅を終えようとしている


「紙ひこうき」


この指に


この掌に






(2008年1月22日 up)
TVで「宇宙からの紙飛行機計画」の事を知って・・・






      ・・・・・☆  ・・・・・☆  ・・・・・☆ 





『おかえり』  (「はやぶさ」編)


「おかえり」が言えるのはいい。

もし「ただいま」が聴こえなくても、感じることが出来るなら。

「帰り」を感じ取るのは、「信じる」があるからなんだ。。


・・・・・・「信じる」が あるから・・・・・


向こうでも、「おかえり」を聞くことが出来なくても

「ただいま」の こころが もれる



「ただいま」の者が、「おかえり」の存在に安心出来ること。

「おかえり」の者が、「ただいま」の存在を信じられること。





    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今日は・・・「2010年6月13日」



ごくろうさま

そして
おつかれさま


おかえりなさい



〝 あ り が と う 〟






(2010年6月13日 up)
「はやぶさ」が無事地球に帰還






      ・・・・・☆  ・・・・・☆  ・・・・・☆ 





『ring ・・・ link』



空に浮かんだ白銀の様な「リング」








太陽の前に 月が居て・・・




そのず――っとこっち側に 雲が居て・・・




みんなして、いないいないばぁ~のかくれんぼだったけど、





その瞬間だけ雲は「ばぁ~」と 見せてくれた。。










TVでは、たくさんの人が 空を見上げているのが放映されてた。




きっと、とてもとてもたくさんの人が、同じ一点を見つめていたね。



時を共有したね。。







リンク・・・ していたね。。        






    ・・・・・・・・・・・・・・・・・


「金環日蝕」の1時間前に東の窓の雨戸を開けたら、眩しい光が飛び込んだ。

1時間後の頃は、青空だけが広がる眩しい朝だった。



その中間は・・・ずっと曇り。 

只、雨が降りそうな天気じゃない。




所々、雲が薄くなってる所もあった。


向こうに 蒼い空もチラリと見えた。




三日月の形の頃は、その雲の合間から天使が梯子を降ろしてた様だ。。







ずっと、期待を抱いて・・・・



そう、、 「期を待ってた」んだよ。。







(2012年5月21日 up)
「金環日蝕」の日・・・






     

続きはこちらへ・・・
[PR]

# by sino-kotoha | 2014-10-08 11:58 | | Comments(0)