タグ:宇宙 ( 3 ) タグの人気記事

宇宙からの詩(ウタ)

今日の詩は、過去の〝その日〟の為に、と書いたものです。
ニュース等から何か感じ、思い立って・・・
「書いた」というより、そのまま打ち込みネットに発信した、というものです。

よって、詩の内容が現在ではピンと来ないものもあるかと思います。。
(1作品毎にUP時&簡単な説明を添えておきます)




      ・・・・・☆  ・・・・・☆  ・・・・・☆  




☆・・・紙ひこうき >>>



☆ ・・・・・高度400kmの彼方,こちら国際宇宙ステーション.
      只今から,地球に待つ君へ------




==宇宙からの手紙==


あれは何?

流れ星?


瞳には映らぬとも

こちらに やってくる予感を探す



7cmの・・・

翼ひろげても 5cmの


[ 紙ひこうき ]


マッハ7の・・・・・

音速7倍の・・・・・

秒速1.2kmの・・・・・


一瞬のスピードに乗せ




宇宙(みらい)の彼方から


地球(ちじょう)の私の許へ


手紙(メッセージ)を待つ




大気圏 突入した

その「手紙」は


なんども  なんども  なんども  なんども


地球を廻りながら

気流に乗りながら?

届け先を探しながら?



・・・ようやく 私の真上にやって来た・・・


わたしのてがみ!  ぼくのひこうき!

みなが とびあがって つかもうとする



今!今ここで 跳び上がれば

手が届くところにあるはず


だけど


だけど その手を一瞬 躊躇った


思いっきり つかんだら

その手紙を 手にするだろう


  ・・・「クシャリ」と 音をたてて 握りつぶす・・・


できない!

それは できない!



右手を 思いっきり 天にのばし

すこぅし 人差し指を 上げながら


ここへ辿り着くのを 待っていよう



そう・・・ トンボが・・・

トンボが 指先に止まる時のように

静かに待っていれば

必ず止まる トンボのように・・・



宇宙(みらい)から 地球(いま)へ

長い旅を終えようとしている


「紙ひこうき」


この指に


この掌に






(2008年1月22日 up)
TVで「宇宙からの紙飛行機計画」の事を知って・・・






      ・・・・・☆  ・・・・・☆  ・・・・・☆ 





『おかえり』  (「はやぶさ」編)


「おかえり」が言えるのはいい。

もし「ただいま」が聴こえなくても、感じることが出来るなら。

「帰り」を感じ取るのは、「信じる」があるからなんだ。。


・・・・・・「信じる」が あるから・・・・・


向こうでも、「おかえり」を聞くことが出来なくても

「ただいま」の こころが もれる



「ただいま」の者が、「おかえり」の存在に安心出来ること。

「おかえり」の者が、「ただいま」の存在を信じられること。





    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今日は・・・「2010年6月13日」



ごくろうさま

そして
おつかれさま


おかえりなさい



〝 あ り が と う 〟






(2010年6月13日 up)
「はやぶさ」が無事地球に帰還






      ・・・・・☆  ・・・・・☆  ・・・・・☆ 





『ring ・・・ link』



空に浮かんだ白銀の様な「リング」








太陽の前に 月が居て・・・




そのず――っとこっち側に 雲が居て・・・




みんなして、いないいないばぁ~のかくれんぼだったけど、





その瞬間だけ雲は「ばぁ~」と 見せてくれた。。










TVでは、たくさんの人が 空を見上げているのが放映されてた。




きっと、とてもとてもたくさんの人が、同じ一点を見つめていたね。



時を共有したね。。







リンク・・・ していたね。。        






    ・・・・・・・・・・・・・・・・・


「金環日蝕」の1時間前に東の窓の雨戸を開けたら、眩しい光が飛び込んだ。

1時間後の頃は、青空だけが広がる眩しい朝だった。



その中間は・・・ずっと曇り。 

只、雨が降りそうな天気じゃない。




所々、雲が薄くなってる所もあった。


向こうに 蒼い空もチラリと見えた。




三日月の形の頃は、その雲の合間から天使が梯子を降ろしてた様だ。。







ずっと、期待を抱いて・・・・



そう、、 「期を待ってた」んだよ。。







(2012年5月21日 up)
「金環日蝕」の日・・・






     

続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2014-10-08 11:58 | | Comments(0)

「終わり」と「始まり」

『アナログ』


時計の針が ぐるぐる 回ってるよ

地球 1日1回 間違いなく 回ってるね

月も 1ヶ月に1周 地球の周り 回って・・・
             走っているみたい


くるくる 踊りながら
1年で1周 太陽の周りを 踊り続けているよ

太陽だって
銀河系の中心を 回っているんだって

宇宙も どっか ぐるぐる まわって いるんだね

―――きっと 時間もね・・・
   そうだよ きっと 時間もね―――


スタート地点が ゴールなんだよね
ゴール地点が また スタートなんだよね

―――そうよ この 時計の針みたいにね―――





             (1994年 (H6) 秋)





    ============

    ============




「終わり」と「始まり」




時計の針と同じ。。


時計の針、1周。

1周したら、1周は〝終わる〟けど・・・、2周目が〝始まる〟ってことや~。






            (2012年12月21日…ツイートより)





    ============

    ============







終わり?


終わりがあったら、もう何も無いの?



「終わり」という「点」があったら、『始まり』があるでしょ。









およそ1年と少し前の・・・・


「2012年12月21日・金曜日」



週末間近の終末(と言われた日)に 何があった?




何かが終わってたのかもしれない。


だけど、何かが生まれたかもしれない。







地球が コッパミジンになったって、


私が 消滅したっても、



私の〝自身〟は きっと何処かの SEKAI で


〝イキテイル ・ イキテイク〟




… so - u - de - a - ri - ta - i - ka - ra …




『私』は 今を 生きていく


この「時代」を 歩いて行く



ワタシノ ミチヲ イキテユク






(2014年4月)





      ↓

続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2014-10-04 19:31 | | Comments(0)

短い詩(うた)  ・・・数編

〝ほんの3×3行詩〟


シャボン玉は
なぜ まるい?
それは 地球が 丸いから

お星さまは
なぜ ひかる?
ここに 居ると 知らせたくて

太陽は
なぜ もえている?
愛を 皆に ふりそそぐため・・・



(1995年(H7) 3月19日(日) pm11:30  ・・・とありましたw)




   ~*~*~*~*~*~


〝流星シリーズ 数編〟


流れ星・・・
何かお願いしたいけど
あっという間に逃げていった




流星群が
たくさん
たくさん
降ってきた
まるで雨のように・・・




あれはね!
月のうさぎが ボクんちに
種まき 水まき したんだよ




コンペイトウ
三日月のおさらに
た~んと 入れよ




(H7.3.19 ・・・とあります。どうやら同じ日だった様です。)



    ↓

続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2014-09-07 15:14 | | Comments(0)