タグ:月 ( 5 ) タグの人気記事

「おやすみ」

細い・・・ 細・・・・・・い月
輪郭の一部を 残して


     夜空の寝顔を
     垣間 見た




           (H7.2月)




  =*=*=*=*=*=



    『空に浮かぶ鏡』


私の・・・ 月に対する考え方です。


特に・・・
満月の夜は、いつもより多くの人が見上げる事も考えられる。

それって、何処の誰ともなくても、
いろんな人と〝一緒に&ほぼ同時に〟月を見ている事になるよね。

月の光は反射の光。
先ずは太陽の光を反射して。。

だから、、きっと、、
「皆の眼差し」も反射して送られてるよ、きっと。
月を通して見つめ合ってるよ、きっと。


子供の頃、月の模様が「ウサギの餅つき」に見えなかった私。
何故か・・・「顔」に見えていたっけな~。


大人の今、皆の顔の形は見えないけど、
「皆の存在」は感じている。


月は「独りぼっちじゃないよ」を教えてくれる。。




(今夜は中秋の名月=十五夜さん。明日は「満月」今年最後のスーパームーン)




     ↓

続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2014-09-08 23:36 | | Comments(0)

月に因んだ詩歌・・・その3

今日は月の影は見えないね!

ま~~るく光ってるから~。。

その代わり、地球に私たちの影を映してくれる。

ほら 傍にいるよって。。



見上げた時・・・

月と見つめあった時・・・

私たちもお月さまの様になれる。。



太陽の光を受けた月。。

月の光を受けた私。。

皆と見つめあえる今宵。。 
☾*  ☆彡



( ↑ 2009年10月3日の芋名月の夜に・・・)





さて、今日(10/27)が栗(豆)名月の日。

天気はどうでしょうねぇ。。
きちんと見れるかなぁ。。

天気予報では「くもり」と言ってました。。


ところで、金曜日の夕方に・・十二夜で まだ まんまるではないですが、

それはもう~ べっぴんさんのお月様を見ました~(^O^)


・・・十三夜さまも、見れるといいですね~。。

栗ご飯を炊いて・・楽しみに待ちましょう~~。^^








私は、月は「空に浮かぶ鏡」と思っています。

地球の衛星=月


そして太陽の光を受けてその反射によっていろんな姿を見せてくれる。。
まるで大きな鏡~*


遠すぎて「眼」では見えなくても、
心で感じる・・・みんなの眼差し、存在。


特に・・・「月見」の晩は沢山の人が見上げているからね~。
みんな、みんな、月を通して見つめ合っているんだよ~*



今や、デジタル、ネットが当たり前の時代。
人工衛星を介してそれぞれ電波などを繋げている・・・というのなら、

きっと、「月」は不思議で・・当たり前の様に・・私たちをリンクさせる。。


思わず月に語り掛けたくなった時、そっと想いを馳せた時、
月から何か聴こえた気がしたことありませんか~


大概、その直後に・・携帯のメール着信音が鳴ります。

「今、月を見ているよ」と・・・






  

[PR]

by sino-kotoha | 2012-10-27 00:14 | | Comments(0)

月に因んだ詩歌・・・その2

厚い雲に覆われてても、

その上には必ず空がある。


昼間には、太陽が・・・


夜には、月が・・・


私達を忘れず、地球を忘れず、

ずっと〝いい距離〟で見守っててくれる。


遠くの星も、また同じ。。。




月なんて~、よそ見もせずに

見ててくれてるんだよ~!






ねぇ・・・



月って、どんどん離れていっちゃうの・・・?



それでも、ずっと こっちを見てくれるんかな・・・?




太陽系たら~、何たら~~、

そういう事は、ずっと先。。。


私の人生の長さでは、その距離に比較も無し!






「今」の幸せを かみしめよう。

「今」の幸せを たしかめよう。



少しくらい沈んだって、

少しくらい落ちちゃっても、


「月の約束」によって


引っ張り上げている。。。 生きろって・・・。



               (2008/10/12 作)

[PR]

by sino-kotoha | 2012-10-26 08:00 | | Comments(0)

月に因んだ詩歌・・・その1

以前に書いた事のある詩・2編です。。






月と太陽
陰と陽
影と光
-と+

・・・相対する者同士、意味があって、
互いに認め合って・・・。

「意味のない物」なんて無いんだよね。

それぞれに手を伸ばしあう、必要不可欠なもの。。。



                  (2008/06/22 作)










お月さまの光が優しいのは

太陽の光を受けて

それから私達に届けてくれてるからだよね。


月の光も 勿論のこと!

元は 太陽の光だから・・・

この眼に映る光は・・・過去の光。。。


もうちょっと離れた 惑星の・・・

太陽の光を受け止めた証の光も

此処へ来たのは 過去の光。。。


ずっと 遠くの恒星も

ずっと 遠くの〝タイヨウ〟も

何十億年 何百億年・・・・・・・・・!

やっと辿り着いた光。。。


なに? 全ての光は 過去なの?

そう、過去だよ。

見ようとする事が 過去じゃない?



その瞬間、あの場所では もう 星が無いかも知れない。

でも、「其処に存在した」という証が この光。


此処に届いた瞬間が、「今」!


                (2008/09/22 作)

[PR]

by sino-kotoha | 2012-10-24 22:47 | | Comments(0)

もうすぐ栗名月

今週の土曜日、10月27日が今年の栗名月の日だそうです。

今日は言葉や詩ではないですが・・・ この栗名月のことなどを少し書いてみます。

続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2012-10-22 00:13 | 覚え書き | Comments(0)