タグ:秋 ( 5 ) タグの人気記事

〖短歌〗 ・・・(2015年)9月の会

前回更新・・・夏を迎えた瞬間!・・・のその後(^^;
暫く更新が止まったままでしたが~w
今年の夏も猛暑で大変でしたね~~(^^;A

私の方は、と言うと・・・なんとか元気に乗り越えて過ごしていました。^^
いろいろ用事などで忙しい日々を送りながら・・・
気がつけば、少しずつではありますが秋の気配も。。。


・・・ということで(^^; 今日は秋らしい歌を詠ってみました。



流線を描くすじ雲 見上げいる 秋草は風の中 立ち尽くす



「天高く馬肥ゆる秋」や「空が青く高くなったね~」・・・など
秋を思わせますね~。^^

確かに、空の様子・雲の様子で「秋だ!」と分かります。

実は、「空の様子」そのものはずっと毎年感じている事なのですが、
今年は家庭菜園をしながら、特に庭に意識も持っていたようで~。w
毎年、毎度の「草取り」は、今迄は作業として進めてただけでしたが、
意識が集中してたのでしょうか、、、
「春の草」「夏の草」「秋の草」の微妙ながらも違いを感じられたのです。
「夏」は、雨降っては伸び、日照りの中で根が張り・・・ですがw
「春」は地べた近くにあり、柔らか過ぎて根ごと取り除くのが大変!
そして「秋」は(何となく気づいたのですが)丈のある草の種類が多い様な。。
葉も細く長いタイプ。

狭い庭ですからw ススキの様な草は無いですしw 生やしてもいませんよww
しかし、名前は知らないのですが・・・ススキを小さくしたような雑草、
それらを抜きながら、そう言えば・・・
「秋の草(雑草も)、花なども思えば背丈があるのが多いな。」と思ったのです。

人の背くらいのものと思えば、河原などにススキなどあるでしょう。
また、コスモスも背丈ありますね。
(私の好きな花ですが)紫苑も背があります。

なんだかね~
高くなった秋の空に 届こうと伸ばしてる様な~。
植物(生物)としてはどの様なつもりか(進化か)分かりませんがw
短歌の中で擬人化はあまり好まれない様な気もしたのですが(^^;
秋の草を主人公にして、思った通りに書いてみました~。


因みに、「ミズヒキ」(?)らしき草が庭に生えてます。
歌の会の方々に、その花の様子・草の丈など言い、名前を教えて頂きました。
しかし、検索すると・・・
画像を見ても、似てる様で似てない様な~^^;

違うかもしれません。^^;
しかし、赤紫の様な小さな粒の様な花が茎のあちこちに点々と・・・
細~い茎なのに強い風にも倒れず!
秋に似合ってて、そして強く生きてる、空に届く様にと願う様に立つ姿。

ちょっと応援したくなります。 (*^_^*)







  

[PR]

by sino-kotoha | 2015-09-28 23:05 | 短歌 | Comments(2)

紫苑

紫苑・・・秋の風にゆられながら
     今、君は何を考えてるのか
     今、君は誰を想っているのか


   夕闇  宵闇  空の色

   めいいっぱい
      背伸びして
   じっと見上げて
      見つめ続け・・・

   君の花色は
      君の心なんだね。




            (1994(H6)年 10月)






(紫苑の花の事について、少し添えておきました)
    ↓
 

続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2014-11-07 14:54 | | Comments(2)

〖短歌〗・・・久し振りの歌会(10月)

毎年8月は猛暑の最中の為もあり、歌会は休みです。
(9月の会は私自身が用事で欠席となったので)
3ヶ月ぶりとなりました。^^;



では、今日の作品。。


夕時のカボチャスープの仕上がりて 実りの秋とハロウイン浮かぶ



実は最初は「カボチャスープの黄色見て」と書いておりましたが。。


夕焼けの色、カボチャスープの色、秋の色(全般)、カボチャ=ハロウイン・・・の色

「色がいっぱいあり過ぎる」ということと、
「カボチャのスープなら、誰でも色は知ってる」といううこと、
あと「見る」「見た」「見て」などの言葉は短歌で使わない方がいいとの事、

それらから上の歌に訂正してもらった訳です。




どうしても一首だけ、三十一文字だけ、、、となると言いたい事も限られますが・・・
私としても「色」の部分は表したかった。。


気持ちの面ではね(^^;
上で少し説明した「色」について&秋の色として共通してることと、
今は巷で「ハロウイン」が話題になってるけど、
数年前までは、「かぼちゃ」と言えば・・・「冬至」の方が思いついたかも?
という、その変化というか違いを気持ちの奥に置いて。w


なので、「かぼちゃ」を「カボチャ」と片仮名にしてみました。
「南瓜」と書けば・・・また違う歌にもなったかも・・・?

例えば、収穫した南瓜がどうとか、母親の味を思い出すとか、夫婦で食事する様子とか。
冬至に南瓜の意味を孫に教えたら、逆にハロウインの事を教えて貰ったとか。

・・・しかしw  私にはまだ孫は居ない~~~www  無理~w



そうそう。。
短歌でも想像の歌を詠うこともある様ですが、
出来れば、本当は現実のありさまを素直に(生活感が出てもok)との事です。
その方が、伝わり易く いい歌になると教えて頂きました。^^

続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2013-10-28 23:39 | 短歌 | Comments(0)

「輪廻」

さぁ~! 今から舞い降りる準備だよ~!

と、木々が赤や黄色や・・と 化粧する


秋のステージに 一筋のスポットライト

しんとした空気に 朝もや よろしく・・・



ひらひらひらりん


きらきらきらりん


くるくるくるりん



風の go!の合図で 舞いを 舞う







わぁ~! なんだ?!

きれいだなぁ~~ あったかいな~~ いい匂い~


舞い降りた場所では虫達が 

ガサゴソ ガサゴソ 


葉っぱも・・・ 

カサコソ カサコソ



ガサゴソ  カサコソ  ガサゴソ  カサコソ ・・・






ふぁぁ~ もう眠たくなったよ。。


空では星が歌い出す頃・・

虫達は 

ぼくの黄色い布団 わたしの赤い布団と・・・夢の中・・・




もぐりこんで・・・夢の中・・・




時は流れ

空から真っ白な おふとん 降りて来た


真っ白なお布団に覆われながら

みんな みんな もぐりこんで・・夢の中・・・






季節は巡り

気づけば 葉っぱは・・もぐりこんで・・・土の中・・・




空からの雫 枝を伝い 幹を降りて 土に流れ・・・

泉・・・小川・・・川へと・・・海へと・・・

水の旅が繰り返されている頃



あの葉っぱは いつの間にか 木々を流れ 

・・・昇ってゆく




秋には虫達を温めた葉っぱたち

春に芽吹いた命のお手伝い





あぁ・・・ ぼくは、今はもう違う葉っぱなんだ




新しい風に吹かれながら・・・

新しい世界を見渡しながら・・・

・・・いつもの光を感じながら・・・





くるくるくるりん


時間は廻る



ひらひらひらりん


季節は巡る




きらきらきらりん



いつか また 輝く日を 待ちながら・・・


感じながら・・・




くるくるくるりん




まわる  まわる



続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2012-11-28 22:53 | | Comments(0)

秋・・・が、そこに在ること

「秋」がそこに在ること・・・
「春」がそこに在ること・・・


「夏」と「冬」、両極端の季節の間に・・順番に並んで存在する「季節」


・・・・・・・春・・夏・・秋・・冬・・春・・夏・・秋・・冬・・・・・・・・・




 

続きはこちらへ・・・
[PR]

by sino-kotoha | 2012-11-08 08:10 | | Comments(1)