月に因んだ詩歌・・・その3

今日は月の影は見えないね!

ま~~るく光ってるから~。。

その代わり、地球に私たちの影を映してくれる。

ほら 傍にいるよって。。



見上げた時・・・

月と見つめあった時・・・

私たちもお月さまの様になれる。。



太陽の光を受けた月。。

月の光を受けた私。。

皆と見つめあえる今宵。。 
☾*  ☆彡



( ↑ 2009年10月3日の芋名月の夜に・・・)





さて、今日(10/27)が栗(豆)名月の日。

天気はどうでしょうねぇ。。
きちんと見れるかなぁ。。

天気予報では「くもり」と言ってました。。


ところで、金曜日の夕方に・・十二夜で まだ まんまるではないですが、

それはもう~ べっぴんさんのお月様を見ました~(^O^)


・・・十三夜さまも、見れるといいですね~。。

栗ご飯を炊いて・・楽しみに待ちましょう~~。^^








私は、月は「空に浮かぶ鏡」と思っています。

地球の衛星=月


そして太陽の光を受けてその反射によっていろんな姿を見せてくれる。。
まるで大きな鏡~*


遠すぎて「眼」では見えなくても、
心で感じる・・・みんなの眼差し、存在。


特に・・・「月見」の晩は沢山の人が見上げているからね~。
みんな、みんな、月を通して見つめ合っているんだよ~*



今や、デジタル、ネットが当たり前の時代。
人工衛星を介してそれぞれ電波などを繋げている・・・というのなら、

きっと、「月」は不思議で・・当たり前の様に・・私たちをリンクさせる。。


思わず月に語り掛けたくなった時、そっと想いを馳せた時、
月から何か聴こえた気がしたことありませんか~


大概、その直後に・・携帯のメール着信音が鳴ります。

「今、月を見ているよ」と・・・






  

[PR]

by sino-kotoha | 2012-10-27 00:14 | | Comments(0)