宇宙からの詩(ウタ)

今日の詩は、過去の〝その日〟の為に、と書いたものです。
ニュース等から何か感じ、思い立って・・・
「書いた」というより、そのまま打ち込みネットに発信した、というものです。

よって、詩の内容が現在ではピンと来ないものもあるかと思います。。
(1作品毎にUP時&簡単な説明を添えておきます)




      ・・・・・☆  ・・・・・☆  ・・・・・☆  




☆・・・紙ひこうき >>>



☆ ・・・・・高度400kmの彼方,こちら国際宇宙ステーション.
      只今から,地球に待つ君へ------




==宇宙からの手紙==


あれは何?

流れ星?


瞳には映らぬとも

こちらに やってくる予感を探す



7cmの・・・

翼ひろげても 5cmの


[ 紙ひこうき ]


マッハ7の・・・・・

音速7倍の・・・・・

秒速1.2kmの・・・・・


一瞬のスピードに乗せ




宇宙(みらい)の彼方から


地球(ちじょう)の私の許へ


手紙(メッセージ)を待つ




大気圏 突入した

その「手紙」は


なんども  なんども  なんども  なんども


地球を廻りながら

気流に乗りながら?

届け先を探しながら?



・・・ようやく 私の真上にやって来た・・・


わたしのてがみ!  ぼくのひこうき!

みなが とびあがって つかもうとする



今!今ここで 跳び上がれば

手が届くところにあるはず


だけど


だけど その手を一瞬 躊躇った


思いっきり つかんだら

その手紙を 手にするだろう


  ・・・「クシャリ」と 音をたてて 握りつぶす・・・


できない!

それは できない!



右手を 思いっきり 天にのばし

すこぅし 人差し指を 上げながら


ここへ辿り着くのを 待っていよう



そう・・・ トンボが・・・

トンボが 指先に止まる時のように

静かに待っていれば

必ず止まる トンボのように・・・



宇宙(みらい)から 地球(いま)へ

長い旅を終えようとしている


「紙ひこうき」


この指に


この掌に






(2008年1月22日 up)
TVで「宇宙からの紙飛行機計画」の事を知って・・・






      ・・・・・☆  ・・・・・☆  ・・・・・☆ 





『おかえり』  (「はやぶさ」編)


「おかえり」が言えるのはいい。

もし「ただいま」が聴こえなくても、感じることが出来るなら。

「帰り」を感じ取るのは、「信じる」があるからなんだ。。


・・・・・・「信じる」が あるから・・・・・


向こうでも、「おかえり」を聞くことが出来なくても

「ただいま」の こころが もれる



「ただいま」の者が、「おかえり」の存在に安心出来ること。

「おかえり」の者が、「ただいま」の存在を信じられること。





    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今日は・・・「2010年6月13日」



ごくろうさま

そして
おつかれさま


おかえりなさい



〝 あ り が と う 〟






(2010年6月13日 up)
「はやぶさ」が無事地球に帰還






      ・・・・・☆  ・・・・・☆  ・・・・・☆ 





『ring ・・・ link』



空に浮かんだ白銀の様な「リング」








太陽の前に 月が居て・・・




そのず――っとこっち側に 雲が居て・・・




みんなして、いないいないばぁ~のかくれんぼだったけど、





その瞬間だけ雲は「ばぁ~」と 見せてくれた。。










TVでは、たくさんの人が 空を見上げているのが放映されてた。




きっと、とてもとてもたくさんの人が、同じ一点を見つめていたね。



時を共有したね。。







リンク・・・ していたね。。        






    ・・・・・・・・・・・・・・・・・


「金環日蝕」の1時間前に東の窓の雨戸を開けたら、眩しい光が飛び込んだ。

1時間後の頃は、青空だけが広がる眩しい朝だった。



その中間は・・・ずっと曇り。 

只、雨が降りそうな天気じゃない。




所々、雲が薄くなってる所もあった。


向こうに 蒼い空もチラリと見えた。




三日月の形の頃は、その雲の合間から天使が梯子を降ろしてた様だ。。







ずっと、期待を抱いて・・・・



そう、、 「期を待ってた」んだよ。。







(2012年5月21日 up)
「金環日蝕」の日・・・






     




3編のそれぞれの下に、年月日と何の事かを添えておきました。
詳しいことは、「年月日」や その「事柄」などで検索して頂ければ、
専門的な内容のサイトなど見つけられると思います。
(取り敢えず、此処ではその事は書き添えませんのでね。。)



 
さて、この頃は、
「ブログ」に思ったがままに直接書き込んでいる頃でもあります。
(当時はSNS系の場所に書いてもいました。)


一応、それらの場所からコピー&ペーストで持ってきて、
今回の此処にアップする為に少し編集もしましたが、

全体を眺めると「行間」が〝かなり開いてる!〟と思われるでしょう。^^;


・・・ブログだからこそ・・・ ですかねぇ~。w


その頁を開いた時に、
「情報として」読み進めていくよりも、
「印象」として見てもらう様に・・・(見てもらい易いように)
という気持ち、私はそれでいます。


感情を込めて、その影響で改行を重ねて・・・

「閲覧」する人によっては、読みやすいどころか
逆に読みにくい!って思われる人も中には居られるかもしれません。

論文?の様に、マス目(スペース)ぎっしり文字が続くよりも、
(視力のせいもあるのですが)読む時に余裕が欲しい時も。^^;


まぁ、私の場合は、
文章構成上では頂けない書き方ではありますが(^^;

「日記帳に鉛筆などで書き込む」
「メモ帳に忘れない内に何がし箇条書きでもしておく」
「お手紙の感覚」


所謂、手書きの感覚 (走り書きかなw)


〝何処に書いたかな〟
〝どんなこと書いてるのかな〟


が、直ぐに見つけやすい感覚。


だから、あの頃に書いた、見つけて来た、という記憶力ありそうなw
・・・記憶力というより、私は「印象」という感覚で向かってるからかも。。





他にも、「天体ショー」と言われる事柄、また(宇宙に限らず)時事など、
情報を知ることは多くあります。

偶々、上の様な書き方でその当時残しておいたものですが、
これも・・・それを聞いた途端、「心」が何かを感じた!・・・だからこそ。


それで浮かんできた言葉たちなのであります。。



 

[PR]

by sino-kotoha | 2014-10-08 11:58 | | Comments(0)